スキップしてメイン コンテンツに移動

皐月賞 予想動画作ってみた


動画の前に
皐月賞簡易データ

1枠(1-2-1-13)
2枠(1-1-0-16)
3枠(2-1-2-13)
4枠(1-0-1-16)
5枠(0-2-1-15)
6枠(0-0-2-16)
7枠(2-1-1-22)
8枠(2-2-1-21)

脚質
逃げ(2-0-1-7)
先行(2-4-2-24)
差し(5-3-5-62)
追込(0-2-1-39)

人気
1番人気 (2-2-1-5)
2番人気 (1-3-2-4)
3番人気 (2-0-2-6)
4番人気 (2-0-2-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (1-2-0-7)
7~9人 (2-1-2-25)
10人以下(0-2-1-84)

前走
重賞(10-7-3-115)
├スプリングS(3-1-2-42)
├弥生賞(2-5-4-33)
├共同通信杯(4-0-1-5)
├京成杯(0-0-1-3)
├毎日杯(1-0-0-12)
├きさらぎ賞(0-0-1-8)
└シンザン記念(0-0-0-3)

OP特別(0-3-1-26)
├若葉S(0-3-1-18)
└すみれS(0-0-0-7)

500万下(0-0-0-6)

  1. 赤が連対傾向
  2. 橙が連下傾向
  3. 水色は穴傾向
  4. グレーは?


予想動画で検討して


コメント

このブログの人気の投稿

高松宮記念 まとめ

昨年との比較
昨年は内枠から差してきて意外な展開だった。
中京競馬場は開催されるしたがって、内枠が不利になる傾向があるので最終的な馬場状態では。。

人の知覚で認知できないデータ公開

スタミナの消耗
瞬発力だが、4着馬は前にいる分、スタミナの消耗を一定にして上る。 傾向としては、維持しているので、 下がったりはしないのだが、延びもしないだろう・・・
一方、○、▲はゴールに合わせて駆け上がってくるのでその折り合いや 中から外側に出られるのなら差してくるだろう。
◎前に行き過ぎる分、スタミナがもたないが1200mスプリント戦では如何なものか?


次のグラフはその速度を表す。 加速によって、速度が増す状態を表している。
◎はスタミナを消耗しているが、スピードに乗ってきているので 結構速く駆け上がているのだ。
逆に言えば、折り合いをつけている4着馬はスピードには乗ってこられない。
◎前に出てきているので、 駆け上がりの瞬間に瞬発力を発揮して駆け上がると推測できる。 その勢いで、スピードを増している様子が伺える。 ○・▲は脚を溜めてスピードを増してくる。 車の加速に例えると 前者はF1マシーンのような高回転で、後者は排気量の大きい高級車タイプだろう。 どちらにしろ、高性能な走りですか? したがって、スプリント戦はスピード勝負といえるだろう。
上記の2つの表を照合して結論をつけると ○・▲が有利な展開であると推理でき、 ◎のように前にできるだけ出せるスピードがモノをいうだろうか?
追記
この世は難しいのだ。
個人が意識的に社会を見つめることは私たちの生活空間では、なかなか難しい。したがって、一般的には考えると個人を先行するものだ。コミュニケーションをとるにも、言葉という意識を持っていても個人があらかじめもつ意識を使用して相手にもつ意識を「記号」などで伝達することもできる。もし、その意味について意を尽くして説明をしてくれなかったからと感じても、意を尽くして説明をしてもらわないとコミュニケーションをしないのは、勉強の意義というものは、自分で見つけていくものだから、誰も教えてくれなかったと感じれば、その意義を見つけるためにコミュニケーションを図ることができる。しかし、英語で表現されれば、認知する意識は未解決である。つまり、個人の意識として認知することが問題なのだ。概念として思考の対象が実在す…

高松宮記念の予測動画

高松宮記念の動画は最後にあります。
下記の記事も読んでくだされば幸いです。

シリーズG1の認識 まとめ

データ上、計算によって導かれる結果を考えると、
その操作を通じて、数の系列を作りあげる。
予想などをすることができる???

数値的以外にもデータ的には割り出せない部分があるとすれば、
それに伴う法則が必要になるはずだ。
それは、人間が知覚できるデータでは、
状況に応じて誤差も出てくるのだろう。

もし、原因から結果が生成されるような関係ではなく、
定理における制約から導かれてくる最終的にある結果に落ち着くと、
制限や条件をつけて、データを造っていく必要も出てくるのだ。
安易に、仮定や仮設によらず、直接的・瞬間的に、
物事の本質をとらえる時が生じ、
どのように複雑な方程式であっても、ひらめきを無視してしまうことがある。
この直観を出発点とする条件はその結論・結果の系列に置き戻せる。
これが根拠という概念であり、
そこには確実性と言うべき、
単純な直観に還元されるのでなければならない。

したがって、競馬の予想やビジネスなどで考えるときは
言葉とか人間同士の接触などがあると、考えにくいものだ!
コミュニケーションとは考える思考能力といえるでしょう。

様々な解説、予想の印は、数式で結論を問うと結果としての条件は一致しないのだ。
1着・2着・3着…と全頭の着順が揃うことはないに等しいが、
レース全体の展開を考える思考(思い描く)ことで、
そのレース自体で一致する点が出てくる。
それがなければ、判断することはできないため、
可能性の条件の直観は、レースごとに異なるので、
そういった表現方法をとっているのだろう。

しかし、
新しい対応の形式の表現方法は
多様なデータで構成されてなければならないのだ!

そこに存在するデータはそれぞれに異なっているので、
その都度、違った角度で考えなければならないのかな・・・
解説や予想の印は
認識主観となるいろいろな意見。
しかし、それ自身が客観的に認識されることはないもので、
主観は認識の条件であって結果ではない。

それらの意欲は私たちにとって、
最も直接的なものだから、
ただ、思ったことや欲求を振りまくものではなく、
内面的な無駄を省くことで他の認識を生成する条件となるのだ。

もし、ビジネスで活かすことができれば
合理的にそれらの主体が自らの数値…